年間スケジュール

町田演劇鑑賞会の例会年間スケジュールの紹介です。

第176回例会 ミュージカル 青空の休暇

日時・会場 2017年12月14日(木)開演:18時30分 / 会場:町田市民ホール
劇団 イッツフォーリーズ
原作 辻 仁成
脚本 中島淳彦
演出 鵜山 仁
出演 駒田 一、宮川 浩、井上一馬、勝部祐子 他
あらすじ 50年前、真珠湾奇襲作戦の時同じ攻撃機に乗っていた75才になる3人。彼らが一度も訪れたことのないハワイに行くことを思いつく。戦後懸命に日本復興に力を注いできたが、消えることのない後悔と実感のない青春を抱えた彼らがハワイで出会ったものは…

第177回例会 マレーネ

日時・会場 2018年2月20日(火)開演:18時30分 / 会場:町田市民ホール
劇団 T-PROJECT
パム・ジェムス
演出 田中 正彦
出演 旺 なつき、竹口 安芸子、熊谷 めぐみ 他
あらすじ 大女優でもある歌手マレーネ・デートリッヒ、70歳を過ぎコンサートでパリを訪れる。楽屋入りからリハーサル、そしてショウまでの数時間の物語。そこに映し出される彼女の人生~プライド、恋、老い、戦争、祖国ドイツへの想い…「リリーマルレーン」、「バラ色の日々」など名曲もたっぷり。

第178回例会 怪談 牡丹燈籠

日時・会場 2018年4月24日(火)開演:18時30分 / 会場:町田市民ホール
劇団 文学座
原作 三遊亭圓朝
脚本 大西 信行
演出 鵜山 仁
出演 富沢亜古、早坂直家、釆澤靖起 他
あらすじ カラン、コロン、闇夜に響く下駄の音…人の業はお化けよりも怖いとか。新三郎に恋焦がれ、死んだお露は幽霊となって新三郎を取り殺す。しかし、色と金に目が眩んだお峰や伴蔵など人間たちの因果応報はぞっとする結末へ。杉村春子と北村和夫の快演が語り継がれる文学座の財産演目が蘇る。

第179回例会 三婆

日時・会場 2018年6月11日(月)開演:18時30分 / 会場:町田市民ホール
劇団 劇団文化座
原作 有吉佐和子
脚本 小幡 欣治
演出 西川 信廣
出演 佐々木愛、有賀ひろみ、阿部敦子、佐藤哲也 他
あらすじ 時は昭和38年、金融業者の武市浩蔵は妾駒代の家で急死、本妻の松子と浩蔵の妹タキが駆けつけた。お互い‘カボチャ婆’‘電気クラゲ’‘キツネ’と陰口をきいている三人の遭遇である。四十九日が過ぎ、松子の元にタキが押しかけ、駒代も居座り、三婆が一つ屋根の下に同居することに・・・

第180回例会 蟹工船

日時・会場 2018年8月27日(月)開演:18時30分 / 会場:町田市民ホール
劇団 東京芸術座
原作 小林多喜二
脚色 大垣肇
演出 印南貞人・川池丈司
出演 北村耕太郎、井上鉄夫、笹岡洋介、下落合秋 他
あらすじ 和のはじめ-食いつめて“自分を売る”しかなくなった男たちが、函館に集まってきた。蟹工船はボロ船、重労働と粗悪な飯で何人もの漁夫が死んだ、「このままでは殺される・・・」。彼らはおっかなびっくりサボを始め、遂に自分たちの力でストライキを起こす。しかし彼らを待っていたのは-

第181回例会 蜜柑とユウウツ-茨木のり子異聞-

日時・会場 2018年10月19日(金)開演:18時30分 / 会場:町田市民ホール
劇団 グループる・ばる
原作 長田育恵
演出 マキノノゾミ
出演 松金よね子、岡本 麗、田岡美也子、木野 花 他
あらすじ 多くの清冽な詩で知られる茨木のり子~死後に遺された1冊の詩集をめぐる物語。彼女の死後、主を失った家に彼女の甥・浩二、出版社員・喜多川、親友・葉子がやってくる。家に遺された未発表原稿を探す浩二と喜多川だったが、この家には彼らを複雑な思いで見守る3人の「のりこ」達がいた...

お問い合わせ

住所
東京都町田市中町1-28-18
電話
042-726-9325
FAX
042-851-7979
開局
月~金 11:00~18:00
会費納入日
10:00~18:00