1930年代、貧困にあえぐアメリカ南部の炭鉱町を舞台に 無名時代の青年テネシー・ウィリアムズが書いた最初の長編戯曲 炭鉱夫一家の絶望と希望をリアルに描き、現代社会の暗部をするどく照射 日色ともゑ主演で、熱い感動と共感を呼んだ作品
2020年 夜・昼 2公演スタート

日時・会場 2019年4月2日(火)開演:18時30分 / 会場:町田市民ホール
劇団 劇団民藝
テネシー・ウィリアムズ
演出 高橋 清祐
出演 日色ともゑ、箕浦康子、桜井明美、千葉茂則 他
あらすじ 貧困にあえぐアメリカ南部の炭鉱町。炭鉱事故で夫を亡くしたファーンは、一人息子ルークの進学のため懸命に働いていた。17歳になったルークは学費を稼ぐため、反対を押しきり祖父たちとともに五番坑に入っていった。そしてファーンの心配は現実のものに…町には警笛が鳴り響く-

町田演劇鑑賞会とは

町田演劇鑑賞会とは地元で心にしみる演劇を上演し観続けることにより、平和で文化的な社会と日本演劇の民主的な発展を目指して、
1985年3月に発足した会員制・サークル制の非営利団体です。2016年2月から法人化し、特定非営利活動法人として活動しています。

  • 法人紹介

    MORE

    特定非営利活動法人町田演劇鑑賞会の法人紹介です。
    定款などはこちらからご確認ください。

  • 鑑賞会のあゆみ

    MORE

    特定非営利活動法人町田演劇鑑賞会がこれまで上演作品の一覧です

  • 活動の様子

    MORE

    特定非営利活動法人町田演劇鑑賞会のサークル活動の様子の紹介です。

入会方法と今後の上演スケジュール

特定非営利活動法人町田演劇鑑賞会では年に6回例会を上演しております。
会員の方なら全ての作品をご覧になっていただけます。
お住まいや年齢、性別問わずどなたでもご入会頂けます。
運営も会員の手で全て行いますので、会員同士の交流もあり楽しく活動しております。
2020年には夜・昼の2日間2公演となります。
演劇が好きな方、興味のある方は是非一度お問い合わせください。